1. TOP
  2. Reiki
  3. ママは充電器。(親子でレイキヒーリングにご来店くださいました。)

ママは充電器。(親子でレイキヒーリングにご来店くださいました。)

子どもを抱く母親

今日のお客様は、

高校生のお嬢さんと一緒にサロンに来てくださいました。

 

お母様と、お嬢さま2人で当サロンのホームページを見て、
選んで来てくださったそうです。

ありがとうございます。

 

お母様はなんと、
10年前にレイキを習っていたそうで、
普段はご自分に「自己ヒーリング」をされているそうです。

 

それでも、ご自分の手からレイキが出ているのか
心配もあって、いらしてくださいました。

 

一度レイキを習っても、あまり使わないでいると、
レイキの出る量は減ってしまいます。

でも、また使い始めれば大丈夫。

せっかく習ったのであれば、
使わないのはモッタイナイ^^

(ご心配な方、ご相談ください。)

青空と草原

我が家にも高校生の息子がいますが、
まだまだ手がかかります。

言うことは大人のようですが、
中身はまだまだ不安定要素がいっぱい。

こんな時にも役立つのが「レイキ」なのです。

 

子どもにレイキヒーリング?

そうです、
お子さんがいらっしゃる方なら、
ぜひ、レイキを学んで使って欲しい!!!

どういう時に使えるかというと、

★急な発熱
★急な腹痛
★下痢、便秘
★けが
★やけど

などなど、子どもさんは「急な…」体調不良が
多いですから、ご家族で一人レイキが出来ると
安心です。

その他にも、

☆何だか理由は話さないけど、元気がない
☆イライラしている

など、精神的に不安定な場合にも使えるのが
レイキの素晴らしいところ。

子どもは小さい時は勿論、
高校生になっても、
自分の事を(特に内面的なこと)を
言葉で説明することは難しいのです。

そんな時は、
黙ってレイキしてあげてください。

レイキのエネルギーと、家族の愛情が
一緒に流れていきます・・・。

 

まるで、充電器?

親は子どもの充電器になればいいのです^^

我が家には、お掃除ロボット「ルンバ」がいます。

汚れを見つけると、
同じ場所をクルクルまわり、
部屋の隅に行くと、向きを変える。
狭い隙間も体が入ればドンドン突き進む。

 

そして、バッテリー残量が少なくなると、
自分で充電器(ホームベース)に戻り、
充電してもらいます。

そんなルンバを見ていると、

自分の子ども達も、

こんな風に元気に走り回って、
多少の段差があっても乗り越えて、
壁にぶつかったら向きを変えて、
気になる事(所)には集中してみる。

そんな風になってくれるといいなあ、
と思います。

そして、
『疲れたな~』と思ったら、
おうちに帰る。

そこに待っているのは、
「充電器」みたいな家族(ママ)。

 

いつでもあなたを見ているわ。
少しぐらい離れたところに行っても大丈夫よ。

私はいつでもここにいて、
あなたを待っているから。

見守っているから。

疲れたら、いつでも帰ってくればいいのよ。

安心して、いってらっしゃい。

 

そんな母親でいたいと思います。

いつもそこにいる。

いつでも帰る場所がある。

そして、心もお腹も一杯になるまで満たしてくれる。

子どもは安心して、元気に

外の世界に向かっていけそうな気がします。

 

レイキを学んで
ぜひ、ご家族に「充電」してくださいませ^^

関連記事

  • 子育てに心配・不安は付きもの⁉(レイキヒーリングのご感想)

  • 男性だって、女性だって疲れている(レイキヒーリングのご感想)

  • あらためて・・・触れること。(レイキヒーリングのご感想)

  • 「レイキ無料体験会」でした♡

  • 『一家に一人、レイキヒーラー』の時代が来ます。きっと♡

  • 公園で立ち話しながら、レイキ☆