1. TOP
  2. Reiki
  3. 『直傳靈氣(じきでんれいき)』前期講座、始まりました。

『直傳靈氣(じきでんれいき)』前期講座、始まりました。

宇宙の画像

普段、よく目にされるカタカナの「レイキ」、

「〇〇レイキ」などは、

一般的に「西洋レイキ」のことを指しています。

 

もともと、靈氣(レイキ)は大正時代に

日本で始まったものですが、

戦後、西洋医療の発展とともに、

廃れていってしまいました。

 

しかし、戦前に海を渡っていた『靈氣』が、

1980年代に少し趣を変えて日本に帰ってきました。

それが「西洋レイキ」です。

 

一方、日本の伝統靈氣が、

全く当時の方法を変えず、受け継がれていたのです。

 

それを誰でも学べるようにしたのが、

『直傳靈氣(じきでんれいき)』講座です。

当時の靈氣を学べる唯一の講座です。

 

世界中のレイキ(靈氣)ファンが学んでいる、

世界共通の講座内容、世界共通の講座料金です。

竹林

当スクールでも、『直傳靈氣』(前期)講座が

開講できる運びとなりました。

 

約100年前から続く、日本の靈氣に興味のある方、

どのように日本の「靈氣」が「Reiki」になり、

そして「レイキ」になったか、歴史にも興味のある方、

西洋レイキは習ったけれど、おおもとの靈氣を知りたい方

など、ご受講をおすすめいたします。

 

今日は、お母様と20代の娘さんのお2人で、

『直傳靈氣』前期講座をご受講いただきました。

 

西洋レイキの場合、「アチューンメント」ですが、

『直傳靈氣』では「靈授」と呼び、

方法にも違いがあります。

 

前期講座は、「前期1・前期2・前期3」の3講座からなり、

各3.5時間。2日、または3日間でのご受講になります。

 

練習、実技の時間も十分ありますので、

1日目の講座が終わった頃には、

靈氣が出来るようになっています。

 

講座の中では

『血液交換法』(血交)と呼ばれる手技も学びます。

手を当てる、なでる、軽くたたくなどの

手技を使います。

血流の流れが促進されて

老廃物が流れ出やすくなる手技です。

 

決して、血は抜きませんのでご安心を^^

 

『直傳靈氣』講座にご興味のある方はぜひ、

お問合せください^^

 

 

 

関連記事

  • 無料でレイキを体験しませんか?

  • 「直傳靈氣」前期(2日目)でした。

  • シンボル・マントラを使ってみる。『フォローアップ練習会』でした☆

  • レイキは一度習いましたが・・・

  • レイキ「レベル1」講座でした☆

  • ヒポクラテスの時代から。(ハンドヒーリングの歴史)