1. TOP
  2. Reiki
  3. 日本の靈氣が学べるのは『直傳靈氣』です

日本の靈氣が学べるのは『直傳靈氣』です

jikidenreiki

靈氣とレイキ

あなたの「レイキ」のイメージはどういったものですか?

・スピリチュアル的なもの

・怪しいもの

・よくわからない・・・

 

というイメージを持たれている方が
半分以上ではないでしょうか?

 

日本で100年前に始まった「靈氣」は
病気(精神的な病を含む)、ケガに使われていた
代替医療と言われるものです。

体の治療はもちろん、メンタルの治療にも使われていたのが
最先端ですね♪

 

いくら靈氣で病気を治しても、
生活習慣を含む心の問題を放置していては、
病気が再発するとわかっていたからです。

 

今も昔も人の心はなかなかコントロールできなかったのでしょうが、
靈氣はそういったメンタル治療にも使われていたんです。

 

現在では、カタカナで「レイキ」と表記される
西洋レイキが広まっていますが、

 

日本で始まり、形を変えていない靈氣を
学ぶことができるのが

「直傳靈氣」講座です。

 

どちらがいい?

私個人は、靈氣(レイキ)が大好きで、
早くからレイキの先生になりたい💛

と考えていたので、

日本の「靈氣」も、西洋の「レイキ」も
学びました。

 

両方学ぶととても面白いんです。
(いや、とてもおすすめです^^)

 

どちらが良いか悩まれた場合は
西洋「レイキ」をおすすめしています。

 

海外に広まって、もともとの靈氣と
多少変わってしまったところは否定できませんが、

スピリチュアル好きな人には、

✦過去への遠隔ヒーリング
✦未来への遠隔ヒーリング
✦オーラの検知
✦高次元との接続(チャネリング)

などのレッスンはとても楽しいと思います。

 

もちろん、
病気やケガの時にもレイキを使う方法も
お教えしていますので、

悩まれたら、カタカナ表記の「レイキ」をおすすめしています♡

 

もちろん、

「直傳靈氣」➡「レイキ」

の順番で学ぶ方もいらっしゃいますよ♡

 

「血液交換法」

 

「直傳靈氣」講座では、
靈氣の歴史もお話しますが、

「病腺(びょうせん)」という、
手を体に当てた時に、体に起こる反応についても
学んでいきます。

 

そして、直傳靈氣講座では、

「手を当てる」手技だけでなく、
「なでる」、「さする」、「軽くたたく」等といった
手技も学びます。

特徴的なのは

「血液交換法(けつえきこうかんほう)」

という施術方法です。

名前を聞くと、少し驚きますが、
体全体の血行を改善し、
疲れや体調不良、デトックス効果があります。

いくつもの手技を使いますので、
受けるととても気持ちが良く、
練習すると必ず受けた人は喜びます^^

 

今日受講されたHさんは、

西洋「レイキ」の「レベル3」(3rd degree)講座を
すでに修了しています。

 

そして、今回、
「直傳靈氣」講座を受講されました。

reiki healing

顔周りに手を当てる時は、手ぬぐいやタオルを使うと安心です。

 

 

靈氣を学んだら、
できるだけたくさん使うことをおすすめします。

そうすると
自分の靈氣(レイキ)の流れが良くなり、

ヒーリングの効果が高まります。

そして、同時に自分へのヒーリング効果も高まるからです。

 

靈氣(レイキ)の良さは、
自分へのヒーリング、
そして誰かにヒーリングをしてあげられることです。

そして、その人との関係性も良くなっていきます。

大切な人がいたら、
いないのなら尚更、靈氣(レイキ)をすることをおすすめします^^

 

誰かのためになることは、
結局、自分のためになります。

 

もちろん、まずは
じぶんのココロとカラダを癒してくださいね。

 

♡気軽に「レイキ体験」ができます♡

STORES 予約 から予約する

ご予約・お問合せ

レイキヒーリング・レイキヒーリング講座・体験などのお申込み・お問合せはこちらからどうぞ♡


ご予約・お問合せはこちら