1. TOP
  2. Reiki
  3. 「レイキ」と「靈氣」。(『直傳靈氣』前期講座でした。)

「レイキ」と「靈氣」。(『直傳靈氣』前期講座でした。)

竹林と石

今日は既に当スクールで「(西洋)レイキ」の

「レベル1,2」を受講してくださったKさんが

『直傳靈氣』講座を受講してくださいました。

 

「レイキ」と「靈氣」。

違いがわかりますか?

 

もともと靈氣は日本で始まったもの。

これについてはもうすでに多くの方が
ご存知だと思います^^

日本からハワイに渡り、アメリカ、ヨーロッパへ広がり、
そして、その後、
逆輸入の形で日本に帰り、講座(セミナー)が始まったのが
「(西洋)レイキ」です。

海外で「Reiki」が伝わる中で、もともとの「靈氣」の使い方と
変わってしまったところがあるのは事実。

(それでも「靈氣」も「レイキ」も
流れるエネルギーは同じです。)

大正時代に「靈氣」を発見した、
臼井甕男(うすいみかお)先生が生きていて、
「レイキ」のテキストを見たらとても驚くかもしれません。

しかし、
「レイキ」は現代人により親しみやすく、
癒しのヒーリングとして
入り口を広げてくれたように思います。

蓮の花

 

精神と体の治療をメインにした「靈氣」と、

そのエネルギーを

リラクゼーション、癒しに広げた「レイキ」。

 

どちらを学んでも、

あなたの人生の不安と心配を減らし、

自分の人生を全うすることを

手助けしてくれます^^

 

今日は「レイキ」を普段から活用している
男性会社員のM様が、
『直傳靈氣』をご受講くださいました。

 

『直傳靈氣』前期講座では、
靈氣の歴史について詳しく説明いたします。

そして、
日本の文化、歴史を感じながら、
戦前から変わらず伝えられている
「靈氣療法」を学んでいきます。

 

「(西洋)レイキ」を学んだ方なら、
『なるほど、こういう意味があったのか』と、
気付きが多く、ますますレイキが楽しくなると思いますし^^、

レイキ(靈氣)を全く知らない方が学んでも、
精神面、肉体面に対する靈氣療法のその実践的な教えについて、
興味深く学んでいただけると思います。

そして、
「靈氣」が「Reiki」となって
世界で広がっていることも
誇りに感じていただけると思います。

『直傳靈氣』前期講座は、

「前期1,2,3」の3講座から成ります。
各約3時間~3時間半かけて2日または3日間で行います。

ご興味のある方は、お早めにお問合せください^^

 

関連記事

  • 「レイキ無料体験会」でした♡

  • レイキのエネルギーで安心する。(今日のお客様)

  • 男性だって、女性だって疲れている(レイキヒーリングのご感想)

  • 心配・不安がとまらない・・(レベル1講座でした。)

  • 今日のお客様(レイキヒーリング)♡

  • 「直傳靈氣」前期(2日目)でした。