1. TOP
  2. こころ
  3. 自立できる子どもを育てる、避けられないステップ

自立できる子どもを育てる、避けられないステップ

こころ  

ヤクザになる理由??

 

犯罪社会学者の廣末登氏の著書、

「ヤクザになる理由」という本の紹介記事を読みました。

自分の子育てと、ヤクザなんて関係ないわ~、

なんて言わずに、ちょっと聞いてください。

 

廣末氏の調査によると、暴力団加入経験者には、

学童期に門限がないなど、

親が躾(しつけ)や勉強の面倒を見ない「放置家庭」、

親と子の会話が極めて少ない

「意思疎通上の機能不全家庭」の出身者が多い

ことがわかったそうです。

(他にも理由があるそうですが、詳しくは書籍でどうぞ。)

やっぱり、子どもを「ほったらかし」にするのは、

良くないのでしょうか?

 

 

『マズローの欲求5段階説』とは

sad boy

 

心理学で「マズローの欲求5段階説」というのがあるのですが、

人間の欲求には段階があり、

まず第1段階が、「生理的欲求」

「おなかすいたよ~」とか、

「眠いよ~」などの命を保つために必要な欲求。

 

それが満たされると、

次の第2段階は「安全欲求」

 

屋根、壁のある、雨風がしのげる家とか、

危険を避けて安全な状態を保とうとする欲求。

 

ここまでは、自分が無人島に流されたら・・・

って考えると、わかりやすいですよね。

 

そこまでが満たされると、3段階めの欲求は、

「所属と愛の欲求」です。

 

信頼関係や、愛情に満ちた関係を持ち、

そのような集団に所属したいと思う欲求です。

 

通常は、この欲求は「家庭」で満たされます。

それが家庭で満たされなかったら・・・。

 

考えてみたら、ヤクザの「組」って、

ある意味「家庭」の形、してると思いませんか?

父親みたいな「親分」と、「兄弟」。

そしてかなり濃い信頼関係。

(いけない、いけない、
想像していて自分で怖くなった。)

普通はそちらの道には行かないのでご安心を。

 

家庭内で満たされないと、

どこか他の場所を探すわけです。

同じ境遇の友人など、

自分がそこにいて安心できて、

信頼関係もある場所を求めるのでしょう。

 

その3段階目「所属と愛の欲求」が満たされて、

はじめて、

4段階目の「自尊欲求」とよばれる、

「他者から認められて、自分を評価し自信を持ちたい!

自立して行動したい!」

という欲求が生まれるらしいのです。

 

(この時点で、

信頼関係、愛情に満ちた関係を持つ、

どのような集団に

あなたが所属しているか、考えてみてください。

家庭ですか?

会社ですか?

「○○組」ですか?

 

どの段階(1段階、2段階、3段階、4段階)、

1つも段階は飛び越して進むことはできません。

ここがポイント!

 

そして最後の5段階目が、

「自己実現欲求」。

 

自分の持つ可能性を追求し、成長を望み続ける欲求です。

 

あなたは今、どこに。

 

私自身は、何段階目まで満たされているのだろう?

私は自分の子どもに、

どんな大人になってもらいたいんだろう?

 

私にできることって何だろう??

 

こんなことを考えるたびに、

子ども(人)を大切に思う気持ち、

愛する気持ちが、

人を元気にさせ、

行動、自立できるようになる「エネルギー」だと思うのです。

そんな気持ちには、お金はかかりません。

 

まずは、

「あなた自身の『欲求』は

何段階目まで満たされているか?」、

考えてみませんか。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

レイキサロン&スクール Sono-mama(東京・新宿)/レイキヒーリング講座・セッションの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

レイキサロン&スクール Sono-mama(東京・新宿)/レイキヒーリング講座・セッションの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • あなたはすでに素晴らしい。(レイキヒーリング)

  • 叱ってばかりの子育てで、どんな大人が出来上がる??

  • 弱い自分を認める。

  • 「子育て」と「恋愛」の共通点。

  • 皮膚感覚で親の存在を意識する。

  • 言葉に頼ると・・・恐ろしい?