レイキを感じなくても大丈夫。

 

こんにちは。

しほです。

 

「レイキセラピーを受けてみたけど、

何だかよくわからなかった」とか、

「レイキの講習を受けたけど、

自分の手からレイキが出ているのか

わからない」

そういうこと、ありますよね。

 

私も、最初に「(西洋)レイキ」を学んだときは、

家に帰って自己ヒーリングをしてみても、

「う、これでいいのか?」

「本当に、私の手からレイキ出てるのかい?」と、

とっても、とっても不安になりました。

 

でも、

前提として、

もともと、個人差はあっても、

「誰でも」多少のレイキのエネルギーは流れています。

アチューンメントを受けると、

レイキの流れがよくなります。

 

なので、レイキを始めたばかりだと、

本当に自分の手からレイキが出ているか心配になりますが、

気にせず、どんどん続けていくことで、

レイキの流れる量が増えていき、

感じられるようになるはずです。

 

それから、

「レイキをしてあげたけど、
相手の反応が今一つ・・・」

これも不安になりますよね。
(私も凹みました)

でも、レイキの「感じ方」にも個人差があるので、

気にしない、気にしない。

相手がレイキを感じてくれなくても、

効果には関係ないのです。

 

 

使えば使うほど、流れが良くなるレイキのエネルギー

だから、心配せずに、

どんどん、たくさんの人にレイキをしましょう。

 

同時に、自分にも、

たくさんのレイキのエネルギーが流れるので、

いいことづくめです。

「なんて相変わらず、うまい話なんだ~」

 

今日も一日お疲れさまでした。
明日も無理せず、
良い一日を過ごしてくださいませ

 

言葉に頼ると・・・恐ろしい?

 

こんにちは。 しほです。

 

 

例えば、あなたに大恋愛の末に

結婚したご主人がいるとします。

 

でも、あなたは、毎日毎日、

育児と家事に追われている。

週に7日、

そう、休日なんか関係ないわけですショック!

 

ある日の夕食時、

あなたは、

子連れで買い物に行き馬

子どもの世話をしながら料理し赤ちゃん

テーブルに並べた夕飯を鍋

ご主人は、

ただ口に運ぶ、

という動作をした後、

ドカッとソファーに座り込み、

テレビを観ながら、

ひとり、リラックス生ビール

 

あなたと言えば、

再び、子どもの様子を気にかけながら、

またキッチンに立ち、

今度は後片付けしなければならないあせる

そして、ついに・・・爆弾

 

あなた:「ねえ、なんで後片付け手伝ってくれないの?

お茶碗ぐらい洗ってくれたっていいじゃないイラッ

 

夫:「いいじゃないか、そんなの後でやればうーん

 

あなた:「あなた、私一人で、こんなに家事も育児も

頑張っているのに、手伝わないなんてひどいじゃないむかっ

 

言葉は恐ろしい。

 

なぜかって?

 

だって、

あなたの気持ちを必ずしも100%伝えているわけでは

ないから。

 

本当の私のこころ:

(「いつも一人でキッチンにいるのはつまらないし、

寂しいなあ。

結婚前みたいに、仲良く2人で洗い物しながら、

イチャイチャしていた頃が

なつかしいよラブラブ

もっと一緒に同じ時間を過ごしたいよしょぼん」)

 

本当の夫のこころ:

(「洗い物なんて、後回しでいいのに。

本当は、君と一緒に、ゆっくりとした時間を持ちたいんだよラブラブ

前は、もっと一緒に仲良くドラマ観たりしながら、

笑いあっていたのにしょぼん」)

 

この2人は同一人物。

でも、互いに伝わったメッセージは、

言葉で交わしたものだけ。

恋人関係でも、

夫婦関係でも、

親子関係でも、

人と人とのコミュニケーションに、

言葉ばかりを重視していると、

大切な気持ちが伝わらないことがあるんです。

 

自分でさえ、

「本当はあなたが好きなのに」、

「本当はあなたが好きだから」、

という気持ちを、

どこかに置きざりにしてしまっていることに

気付けていない。

 

あなたの本当の気持ちは何ですか?

 

自分は(相手に)なんて言って欲しかったのですか?

 

自分のなかの、

本当の自分。

 

自分が感じたことを、

自分で気付いてあげる。

 

大切にしてください。

 

お互いを大切に思っているのに、

その気持ちが伝わっていないこと、

あなたの人間関係にもありませんか?

 

愛しているなら、

言葉だけでなくても、

抱きしめるだけでも、

伝えられることがあります。

 

恥ずかしかったら、

そっと優しく、

相手に手を添えるだけでいい。

そう、

「レイキ」してあげてください。

言葉はいりません。

 

見えないけれど、

2人のあいだには、

素敵なものが流れるはずです。

 

愛は枯渇しないんですよ。

いくら与えてもね。

 

日本の伝統Reiki「直傳靈氣(じきでんれいき)」

こんにちは。 しほです。

 

私は、

「(西洋)レイキ」の「レベル1、2、3」のディグリーを

なぜか、2回取っています。

(その理由は、・・・

納得がいくまでやらないと気が済まなかった((+_+)))

 

そして、日本のレイキ、

「直傳靈氣(じきでんれいき)」の前期・後期セミナーも

修了しました。

 

 

「直傳靈氣」は大正末期から始まった

日本のセラピーなのですが、

当時は当然「スピリチュアル」という感覚ではなく、

「目に見えなくても

人間の手に治癒力があるのも、

不思議じゃない」、

といった時代だったのでしょう。

 

昭和初期には、約5万人の靈氣使用者が

日本にはいたそうです。

 

「直傳靈氣」は現在も、

当時の形を壊さないよう、

継承されています。

もともと、

「直傳靈氣」は、

病気を扱ったり、

治療するものとして、

使われてきました。

なので、スピリチュアル大好きな方には、

ちょっと、人気がないのかもしれませんねショックあせる

 

私は、大好きなんですけどお願いラブラブラブラブ

日本発祥の靈氣。

 

「レイキ」の生みの親です。