言葉に頼ると・・・恐ろしい?

 

こんにちは。 しほです。

 

 

例えば、あなたに大恋愛の末に

結婚したご主人がいるとします。

 

でも、あなたは、毎日毎日、

育児と家事に追われている。

週に7日、

そう、休日なんか関係ないわけですショック!

 

ある日の夕食時、

あなたは、

子連れで買い物に行き馬

子どもの世話をしながら料理し赤ちゃん

テーブルに並べた夕飯を鍋

ご主人は、

ただ口に運ぶ、

という動作をした後、

ドカッとソファーに座り込み、

テレビを観ながら、

ひとり、リラックス生ビール

 

あなたと言えば、

再び、子どもの様子を気にかけながら、

またキッチンに立ち、

今度は後片付けしなければならないあせる

そして、ついに・・・爆弾

 

あなた:「ねえ、なんで後片付け手伝ってくれないの?

お茶碗ぐらい洗ってくれたっていいじゃないイラッ

 

夫:「いいじゃないか、そんなの後でやればうーん

 

あなた:「あなた、私一人で、こんなに家事も育児も

頑張っているのに、手伝わないなんてひどいじゃないむかっ

 

言葉は恐ろしい。

 

なぜかって?

 

だって、

あなたの気持ちを必ずしも100%伝えているわけでは

ないから。

 

本当の私のこころ:

(「いつも一人でキッチンにいるのはつまらないし、

寂しいなあ。

結婚前みたいに、仲良く2人で洗い物しながら、

イチャイチャしていた頃が

なつかしいよラブラブ

もっと一緒に同じ時間を過ごしたいよしょぼん」)

 

本当の夫のこころ:

(「洗い物なんて、後回しでいいのに。

本当は、君と一緒に、ゆっくりとした時間を持ちたいんだよラブラブ

前は、もっと一緒に仲良くドラマ観たりしながら、

笑いあっていたのにしょぼん」)

 

この2人は同一人物。

でも、互いに伝わったメッセージは、

言葉で交わしたものだけ。

恋人関係でも、

夫婦関係でも、

親子関係でも、

人と人とのコミュニケーションに、

言葉ばかりを重視していると、

大切な気持ちが伝わらないことがあるんです。

 

自分でさえ、

「本当はあなたが好きなのに」、

「本当はあなたが好きだから」、

という気持ちを、

どこかに置きざりにしてしまっていることに

気付けていない。

 

あなたの本当の気持ちは何ですか?

 

自分は(相手に)なんて言って欲しかったのですか?

 

自分のなかの、

本当の自分。

 

自分が感じたことを、

自分で気付いてあげる。

 

大切にしてください。

 

お互いを大切に思っているのに、

その気持ちが伝わっていないこと、

あなたの人間関係にもありませんか?

 

愛しているなら、

言葉だけでなくても、

抱きしめるだけでも、

伝えられることがあります。

 

恥ずかしかったら、

そっと優しく、

相手に手を添えるだけでいい。

そう、

「レイキ」してあげてください。

言葉はいりません。

 

見えないけれど、

2人のあいだには、

素敵なものが流れるはずです。

 

愛は枯渇しないんですよ。

いくら与えてもね。

 

叱ってばかりの子育てで、どんな大人が出来上がる??

 

こんにちは。 しほです。

 

ところで、あなたは、

「自分が本当に感じていることを、

正直に表現できる大人ですか?」

 

 

心理学の勉強をしていると、

「えっ、マジですかアセアセ?」とか、

「えっ、もっと早くに

知っておきたかった笑い泣き」とか、

 

「やっぱり、私の性格って、

そのせいなんだ・・・ショック」とか、

 

「今からでも、間に合うか???」

の連続です。

 

そのうちの一つが、「禁止令」。

 

 

例えば、

小さい息子さんが、

外で元気に遊んでいて、

転んで泣いた時、とか

お友達とぶつかって泣いた時、

「男の子なんだから、

そのくらいで泣いちゃだめでしょプンプンビックリマーク」って、

言っちゃいません?

 

さて、この言葉、

問題がありますが、わかりますか?

 

 

実は、

こういうことを繰り返し言われた子どもは、

「自分が本当に感じていること

(ここでは痛い!辛い!ショック!)を、

口に出したり、
表現することをしてはいけないんだ。

ガマンしないとだめなんだショボーン」とか、

 

「何かを感じても、

それを言ったら叱られるから、

ガマンして、言わないでおこうショボーン」とか、

 

「弱みを見せたら、ダメなんだショボーン」と、

考えるようになるんです。

 

つまり、

 

「あなたが本当に感じるように、

感じてはダメビックリマークむかっ

 

と言っているのと同じなのです。

 

 

他にも、

「お兄ちゃんなんだから、

ガマンしなさい」も同じことです。

 

こうしたことを繰り返し言われて育つと、

 

自分が本当に感じている事、

思っている事がわからない、

情感のない大人や、

やせ我慢ばかりして、

人からの親切も受け取らない大人や、

心を開いて人と付き合うことができない大人

になる可能性があります。

「キャ~、やばい・・・ガーン

今からでも遅くありません。

 

痛がって泣いていたら、

「そうね、痛かったのねおねがい」って

言ってあげましょう。

 

悲しくて泣いていたら、

「そう、悲しかったのねおねがい」って

言ってあげましょう。

 

「ぼくは・わたしは、

感じるように、感じていいんだ爆  笑!」

 

「泣いてもいいんだ。

笑ってもいいんだ爆  笑。」

 

そんな人間に育って欲しいですよね。

 

もちろん、

子どもだけではありません。

あなたも、同じです。

感じるように、感じていいんですほっこり

 

泣きたかったら、泣けばいいんですほっこり

 

自分の感情、

本当に、気づいていますか?

今晩からでも、明日からでも、

あなたに、少しでも、

楽に、happyにラブラブ子育てしてほしいビックリマーク

 

しほにあなたを応援させてください虹ラブラブ

 

条件付きの、愛。

 

こんにちは。 紫帆(しほ)です。

 

ところで、

「お化粧が上手だから、愛してるよ」

 

「僕の部屋の掃除、

洗濯までやってくれる君が大好きだよ」

 

「僕の言うことを、

いつもよくきいてくれるから、愛してるよ」

 

こんなふうに愛を伝えられるのと、

 

「ホント、君って何をするかわからないね。

でも、そのままの君が好きなんだ」

 

「化粧なんてしてても、

してなくても関係ないよ。

ただ君を愛してるんだから」

 

「君はそのままでいい。

何があっても僕の気持ちは変わらないから。

好きなんだ」

 

あなたなら、どちらを言われたいですか?

前半?後半?

前半は、「条件付き」の愛情表現ですよね。

 

「○○だから、好き」、ということは、

「○○じゃなかったら、好きじゃない」

ってことも考えられる。

 

でも後半は、「無条件」の愛情表現。

そのまま、そのまま。

そのままのあなたでいい。

そのままのあなたを愛している。

(でへへへ~照れドキドキ照れラブラブ照れラブラブ

 

 

これは、彼、彼女の関係の問題だけじゃ

ありませんほっこりキラキラ

 

子どもだって、

ママに「条件つき」の愛情しかもらえなかったら??

 

「(お勉強をキチンとするから、)好きよ」

 

「(ママのいうことをよくきくから、)好きよ」

 

言葉に出さずとも、

そんな風に思ってはいませんか?

 

「そんなわけないプンプン」、って思っても、

これからお子さんが反抗期を迎え、

勉強しなくなったり、

言う事をきかなくなったりする時期が、

必ず、来ます。

 

(この反抗期が来ないと、

もっと問題が大きいですあせる

 

そんな時期に、

「(勉強しない、言う事をきかない)

あなたなんか大嫌い」なんて、

言わないでいられるでしょうか?

 

そんな時期が来たら、

今日のブログを思い出してみてくださいね。

 

あなたは、

「条件付き」で愛されたいですかほっこり

 

今日も、明日も、

あなたを応援しています虹キラキラ

条件無し、ですウインクラブラブ