レイキは「スピリチュアル」⁇

 

こんにちは。

 

レイキ、という言葉を聞いて、

何だか怪しい感じ・・・と思った方、

沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

 

私のレイキスクールでの講習でも、

『怪しいと思われるのが普通です』と

お話ししています。

 

レイキ(靈氣)という名前だけでなく、

レイキを「スピリチュアルなエネルギーワーク」として

紹介されている場合も多いので、

そういったイメージが強いかもしれません。

実際、レイキを学んでいくと、

そういったことを完全に切り離すのは

自然ではないのが事実です。

 

それでも、あえて、

「スピリチュアル」に全く興味のない方や、

興味がないどころか「そういうもの信じない」、

「どちらかというと、イヤ」、

という方々にも

レイキを知ってもらって、

使ってもらいたい理由があるのです。

大正末期に日本で始まった靈氣(れいき)。

簡単に言えば「手当て療法」です。

体の悪い所に手を当てると改善していく。

そんなところから始まっているのです。

 

(戦後、日本からハワイへ、

ハワイからアメリカ本土、

ヨーロッパへ広まった靈氣(Reiki)。

1980年代に日本に戻ってきたときには

だいぶ欧米テイストになって帰ってきました。)

 

どこかぶつけたり、ケガをすると

とっさに手を当てませんか?

お腹が痛い時、お腹に手を当てたりしませんか?

 

今ではあまり行われていませんが、

医師による触診(しょくしん:さわって診る)で、

ちょっと良くなった気がしたものです。

 

子どもの頃は特に、

お腹が痛かったり、転んで痛かったりしても、

お母さんに触ってもらうと、

早く良くなった気がしませんでしたか(*^-^*)

 

 

誰かにそっと体に触れられると

何だかホッとすること、

ありませんか?

何か体に「染み込んで」くる感じはありませんか?

手で『触れる』ことによっておこる

人への精神的、肉体的効果を

私はもっと広めていきたいと思っています。

 

だからあえて、「スピリチュアル」色は

ちょっと横に置いて、

実用的なレイキをお伝えしていくことも

大事だと考えています。

 

『Reiki を、知らない、やらないはモッタイナイ‼』

 

 

一人でも多くの方が

温かい手の力で癒されますように虹