「レイキ」は、「靈氣」~「Reiki」の逆輸入。

 

こんにちは。しほです。

 

相変わらず、自分でやっている「レイキ」の名前にこだわっている、私キョロキョロ

もともと、「臼井 甕男(うすい みかお)」さんという方が

大正時代に、偶然見つけちゃったもの。

大正時代に見つけちゃったから、「靈氣」。

スゴイ、ネーミング。

 

戦前までは、結構エライ方も(社会的な地位の高い人)も

「靈氣」やってました。

嫁入り道具の一つとして、女性も習ったらしいです。

でも(敗)戦後、非科学的なものとして廃れていってしまったショボーン

 

でもでも、太平洋戦争前に、ハワイ在住日系人によって、海を渡り

その後、欧米で「靈氣」~「Reiki」になり、

そして、1980年代、日本に逆輸入のかたちでカムバックびっくり

そして、「レイキ」と表記されるようになったわけです。

 

逆輸入のG-shockみたいビックリマーク

日本より欧米での評価が高い「北野武」監督みたいビックリマーク

 

なんて考えているのは、私だけかもしれませんが、

言いたかったのは、

「(日本人には)名前は怪しいけど、本当にいいものだから欧米で評価されて、

日本に帰ってきたんですよ~」、ってことですウインク

 

現代は、科学的か、非科学的か、みたいな判断をしがち。

 

でも戦前の日本人は、「目に見えないもの」を感じて、

生活の中に、当然のように取り入れていたのだと思います。

 

誰の手からも出ている見えない力を

信じて使ってみるか、、

「そんなの信じられない」と、無視して生きていくのか。

 

私は、「使わないともったいないなぁ」と単純に思うのですが、

あなたはどう思いますか?

 

レイキで自然に、スキンシップ♬

こんにちは。 しほです。

 

「レイキ」、「Reiki」、「靈氣」、表記はなんでもいいのですが、

この使い方をきちんと覚えると、とっても便利なのです。

我が家では、子ども達が

お腹が痛くなったりすると、

「ママ~」、と寄ってきます。

 

そうしたら、ひざ枕で寝かせて、痛いところに手を当てるだけ。

軽いものなら、10分もすれば、

「もう、治った~」と言って、遊び始めてしまいます。

 

こちらとしても、

「オイオイ、本当ですか?」って感じですが、

また調子が悪ければ戻ってくるので、

またしばらくレイキすると、

「もう、治った~」。

 

そんな感じで、軽度の痛みなら、薬も飲まずに済んでしまいます。

中学三年生の息子もこんな感じですり寄ってくるので、

親子のスキンシップも出来て、

一石二鳥鳥鳥

 

子どもにしてみても、甘えるキッカケにもなるし、

一石三鳥かも~鳥鳥鳥

 

そうそう、レイキしてもらうとリラックス効果もあるから、

一石四鳥??鳥鳥鳥鳥

 

道具を使わない「レイキ」。

必要なのは、手だけですパー

 

(「レイキ(霊気)」って、名前が怪しいんですよねぇキョロキョロ

例えば、「先天性自然治癒能力」とか、違う名前だったら、印象が違うのかなあ。

まあ、大正時代についた名前だから、仕方がないのかなウインクラブラブ