条件付きの、愛。

 

こんにちは。 紫帆(しほ)です。

 

ところで、

「お化粧が上手だから、愛してるよ」

 

「僕の部屋の掃除、

洗濯までやってくれる君が大好きだよ」

 

「僕の言うことを、

いつもよくきいてくれるから、愛してるよ」

 

こんなふうに愛を伝えられるのと、

 

「ホント、君って何をするかわからないね。

でも、そのままの君が好きなんだ」

 

「化粧なんてしてても、

してなくても関係ないよ。

ただ君を愛してるんだから」

 

「君はそのままでいい。

何があっても僕の気持ちは変わらないから。

好きなんだ」

 

あなたなら、どちらを言われたいですか?

前半?後半?

前半は、「条件付き」の愛情表現ですよね。

 

「○○だから、好き」、ということは、

「○○じゃなかったら、好きじゃない」

ってことも考えられる。

 

でも後半は、「無条件」の愛情表現。

そのまま、そのまま。

そのままのあなたでいい。

そのままのあなたを愛している。

(でへへへ~照れドキドキ照れラブラブ照れラブラブ

 

 

これは、彼、彼女の関係の問題だけじゃ

ありませんほっこりキラキラ

 

子どもだって、

ママに「条件つき」の愛情しかもらえなかったら??

 

「(お勉強をキチンとするから、)好きよ」

 

「(ママのいうことをよくきくから、)好きよ」

 

言葉に出さずとも、

そんな風に思ってはいませんか?

 

「そんなわけないプンプン」、って思っても、

これからお子さんが反抗期を迎え、

勉強しなくなったり、

言う事をきかなくなったりする時期が、

必ず、来ます。

 

(この反抗期が来ないと、

もっと問題が大きいですあせる

 

そんな時期に、

「(勉強しない、言う事をきかない)

あなたなんか大嫌い」なんて、

言わないでいられるでしょうか?

 

そんな時期が来たら、

今日のブログを思い出してみてくださいね。

 

あなたは、

「条件付き」で愛されたいですかほっこり

 

今日も、明日も、

あなたを応援しています虹キラキラ

条件無し、ですウインクラブラブ