Reikiとは?

 

Reikiは人に「手を当てる」、ハンドセラピーです。当てた手からエネルギーがからだに流れていき、こころ(精神面)にも、からだ(肉体面)にも役立つセラピーです。誰にでもできる、もともと人間に備わった能力です。その存在を認めて使い方を学ぶだけで、宇宙にある無限のエネルギーを自分で使うことが出来るようになります。

Reikiは、

  • 修行、集中力、努力は必要ありません。
  • 一度身に付けたら、一生使うことができます。
  • 相手から「悪い気」をもらうこともありません。
  • 子ども、高齢者、妊婦さん、お腹の赤ちゃん、病気の方、ペットにも安全に使えます。
  • 西洋医療と併用できます。
  • 道具は一切必要ありません。
  • 副作用もありません。
  • 宗教ではないので、信じる、信じない関係なくレイキは流れます。
  • 相手にレイキすると自分にも同時に流れるので、ご自分のこころとからだの健康に役立ちます。
  • 時間、空間を超えた遠隔ヒーリングを行うことができるようになります。
  • 自分が本来持っている能力に気付き、自他に活用していくことで魂レベルの変化を感じることができるでしょう。

 

Reikiのエネルギーを使って、こころもからだも自分で「手当て」、癒してあげてください。もちろん、あなたの周りにいる大切な人にもそのエネルギー、Reiki を使ってください。そうすれば、不安のない毎日を送るツールを手に入れたことになるのです。

 

(「靈氣」は大正時代の日本で始まった療法(セラピー)です。戦後、日本国内では実践者が減っていく反面、日本で靈氣を習得した日系二世の女性からハワイを経由し、欧米に広がりました。現在、海外の「Reiki」人口は600万人以上と言われています。1980年代、「Reiki」が日本に逆輸入される形で帰ってきました。)

そして、今、「レイキ」として日本に広まりつつあります。

靈氣~Reiki~そして、レイキへ。

世界で、日本で、気付いた人はもう使い始めています。

 

(ここでは、西洋式レイキを「レイキ」、日本国内で形を変えていない日本の伝統靈氣を「靈氣」、総称して「Reiki」と表記しています。いずれも流れているエネルギーは同じです。)